フィットライフコーヒーは血糖値上昇を穏やかにしてくれているといっていますが、カフェインの影響で血糖値が上昇したらたまったものではありません。

 

そこで、カフェインは血糖値上昇とどういった関係があるのかについて記事にしまいた。

 

結論から申し上げますと、カフェインは血糖値上昇を一時的に上昇させますが、長期的にみるとコーヒーは血糖値上昇を穏やかにしてくれることがわかりました。

 

カフェインは血糖値を上昇させる?

コーヒーなどに含まれるカフェイン自体は血糖値を一時的に上昇させることがわかっています。

 

但し、それは大量にカフェインを摂取した場合で通常コーヒーを飲む程度では問題ないと思われるという見解です。

 

さらに、起床後に空腹の状態でコーヒーを単独で飲むよりも、何か食べ物と一緒に飲むほうがカフェインによる血糖値上昇は穏やかになります。

 

また、GI値が低い食べ物と一緒にコーヒーを飲んだら、カフェインの急性効果も和らげられるという報告もありました。

 

GI値とは食後血糖値の上昇を示す指標です。
GI値が高い食べ物は米、パン、麺類などで糖質もかなり高い食べ物です。
次にGI値が高いのは肉類ですが、糖質は低い数値となっています。
一番GI値が低いのは野菜です。但し、じゃがいもやにんじんはGI値が肉類よりも高いので注意が必要です。

 

コーヒーは血糖値上昇を穏やかにする?

コーヒーは1日1〜2杯飲む人よりも、3〜4杯飲む人の方が、血糖値上昇を穏やかにしてくれるということが実験結果でわかっています。

 

それはコーヒーに含まれるクロロゲン酸などの働きが影響していると言われています。

 

各国のコホート研究(長期的に糖尿病の発生を観察)でもコーヒー自体が血糖値上昇を穏やかにしてくれるという報告があるようです。

 

カフェインが一時的に血糖値を上昇させることはわかっていますが、コーヒー自体は長期的に飲むことによって血糖値上昇が穏やかになることがわかっています。

 

また、国立がん研究センターが20年間にわたって調査した結果では、死亡リスクが軽減したという報告があります。

 

まとめ

 

  • カフェイン自体は血糖値を一時的に上昇させるが、それはカフェインを大量摂取した場合
  • コーヒーは空腹時よりも何か食べ物を一緒にのむとカフェインの急性効果が和らげられる
  • コーヒーそのものが長期的にみると血糖値上昇を穏やかにしてくれる報告が多数ある

 

コーヒーに含まれるカフェインは一時的に血糖値を上昇させますが、それは大量摂取した場合でコーヒーを1,2杯飲む人よりも3〜4杯飲む人のほうが血糖値上昇を穏やかにしてくれるというのがわかっています。

 

フィットライフコーヒーは難消化デキストリンと豊富に含まれる食物繊維で血糖値上昇を穏やかにしてくれることが期待できるコーヒーです。

 

ただ、コーヒーそのものも長期的にみたら血糖値上昇をおだやかにしてくれることがわかっていますので、個人的にはコーヒーと難消化デキストリンを組み合わせたフィットライフコーヒーは理にかなった飲料ではないかと思います。

 

参考サイト:https://www.nestle.co.jp/asset-library/documents/nhw/interview2.pdf