フィットライフコーヒーは血糖値とベストな組み合わせ?

フィットライフコーヒーは難消化デキストリンや食物繊維で血糖値上昇を穏やかにするトクホのコーヒーです。

 

ですが、実はコーヒーにも血糖値上昇を穏やかにする研究結果があります。

 

なぜコーヒーか?という理由には、コーヒー自体に血糖値上昇を穏やかにしてくれるという研究結果があったからかもしれません。

 

コーヒーは血糖値上昇を穏やかにしてくれる?

 

あなたが普段飲んでいるコーヒー。実は血糖値上昇を穏やかにしてくれるってご存知でしたか?

 

研究結果では1日1〜2杯コーヒーを飲む人よりも、3〜4杯コーヒーを飲む人のほうが血糖値上昇が穏やかになっているという研究結果があるんです。

 

研究はコホート研究(大規模追跡調査の解析)といって、2002年にオランダで発表された内容では、「コーヒーを2杯程度しか飲まない人よりも、7杯飲む人の方が糖尿病になる危険が半分になる」という研究結果です。

 

さらに、九州大学医学部教授の古野氏が世界的に例のない16週間に及ぶ研究でも、耐糖能(たいとうのう)の悪化を予防することが示唆されたと報告されています。
参考:全日本コーヒー協会

耐糖能とは上昇した血糖値を正常な状態に戻す能力

 

古野氏の研究は、コーヒーを1日5杯飲むのを義務つけた研究で、普通のコーヒー、デカフェコーヒーそれぞれで耐糖能の悪化を予防することが示唆されました。

 

また、8週間では変化がなかったのに、16週間後で結果が現れたようです。

 

つまり、コーヒーを飲むことを習慣化することが肝となっているようです。

 

フィットライフコーヒーの定期便が2ヶ月分なのは、そこにも理由があるのかもしれませんね。

 

コーヒーと血糖値はテレビでも紹介されている

 

テレビ朝日、 林修先生の今でしょ!講座でもコーヒーは血糖値の上昇を穏やかにしてくれる飲むタイミングや死亡リスクが減る1日に飲むコーヒーの量について放送されています。

 

国立がん研究センターが男女約9万人を20年間追跡調査した結果、

1日に3〜4杯飲んだ場合の死亡リスクが最も低かった。


参考:テレビ朝日

 

これは、2018年の比較的新しい放送です。

 

また、ネスレが古野氏にインタビューしたPDFでも、1日3〜4杯コーヒーを飲む人は、1〜2杯の人よりも、2型糖尿病発症のリスクが24%下がるとコメントされています。
参考:https://www.nestle.co.jp/asset-library/documents/nhw/interview2.pdf

 

フィットライフコーヒーは血糖値とベストな組み合わせ?のまとめ

 

フィットライフコーヒーは難消化デキストリンや食物繊維によって食後血糖値上昇を穏やかにするコーヒーです。

 

実はコーヒーそのものにも血糖値上昇を穏やかすることが期待できたり、死亡リスクを軽減させることが期待できることがわかりました。

 

また、8週間でコーヒーを飲んでも変化がなかったことに対して、16週間飲み続けることで耐糖能の能力変化が表れました。

 

コーヒーを飲むだけでもある程度、血糖値上昇を穏やかにすることは期待できそうですが、さらに加速させたい場合はトクホのフィットライフコーヒーを試してもいいと思います。

 

定期コースは半額ですし、回数縛りもないので気楽にはじめられるようです。

 

フィットライフコーヒーの詳細はこちら>>